月別アーカイブ: 2015年3月

健康(体調管理)のための1日に必要な水分摂取量とは

私たち人間の身体は、成人であれば約60パーセントが水分で出来ています。
水分が少なくなると血液はドロドロになり、正常な細胞の代謝が行われなくなり、エネルギーが作られにくくなります。
また、細胞の代謝によって発生した老廃物も水分によって運ばれ、体外に排出されるため、水分量が保たれないと老廃物が血管中に残りやすくなってしまいます。
体内の水分量が5から15パーセント減少すると脱水により様々な症状が現れます。15パーセント以上失われれば、入院を必要とするレベルとなり、血液が濃くなることで、血管が詰まりやすくなり、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こしやすくなります。
健康(体調管理)のためには、水分摂取量の管理が重要となります。
日常生活において、尿や便、汗などにより、1日あたり排出される水分量は2リットルから2.5リットルです。そのうち、食事で補給する水分量は0.8リットル程度なので、1日に食事以外の飲料水などで摂取しなければいけない健康(体調管理)のための水分摂取量の目安は約1.5リットルです。

紅麗珠 評判と口コミ

水分摂取量がしっかりと管理されていて、必要な水分が満たされていれば、代謝が良くなり、肌の新陳代謝が良くなることで美肌効果やむくみ解消効果も得られます。

基礎化粧の正しい方法を学んでメイクアップをより効果的に

メイクアップの前に必ず行うものというと基礎化粧ですがこれをきちんとやらないとメイクも綺麗に仕上がりませんし、
メイクの持ちもあまりよくありません。

夏場はしっかりと肌を引き締めて皮脂を出しにくくする基礎化粧が必要になりますが現在は本格的な冬場に向けて
保湿をしっかりと行う、ファンデーションが粉浮きしないしっとりとした肌の下地を作ることが大切です。

洗顔後に化粧水、乳液をつけて化粧下地を塗るのが一般的でしたが基礎化粧品は種類が増え、時短メイクが可能な
下地もかなり増えました。たとえば化粧水のあとに塗るだけで乳液をつけたようなしっとりとした潤いのある肌になれる
下地もあります。

上野の銀座カラー

また肌の悩みによって化粧水を2つ使うものもあります。それはふき取り専用の化粧水と通常の化粧水です。

肌がごわついている時は洗顔だけでは落としきれなかった古い角質がまだ肌に残っている可能性があるので
通常の化粧水を使う前にふき取り用のものを使うという方法です。

これでそのあとの化粧水や下地もより効果的になるのでメイクアップをより効果的に仕上げたいという人は
土台となる肌作りをしっかりと行うことが大切です。

綺麗な土台があれば少量のファンデーションでも肌を綺麗に見せることができるので毎日のメイクアップが楽しく
なります。

清潔なスキンケアでかゆみをSTOP

普段きちんとお手入れしているのに、肌のかゆみを感じている場合、ご自身でも気づかない盲点が潜んでいる可能性があります。例えば、一時期洗いすぎに警報が鳴らされ、洗顔回数を減らしたり洗浄力の弱い洗顔料を使う対策が注目されたことがありました。

その影響で、朝の洗顔を省略し、いきなり化粧水をつけるスキンケアをしている女性も少なくないようです。顔を洗ったとしても、洗顔料は使わず、水だけで済ますケースも目立ちます。

確かに極端に肌が弱い場合、こういったスキンケア方法が功を成すこともありますが、一般的には朝、晩2回の洗顔料を使った洗顔は欠かせません。夜入浴中にしっかり洗ったとしても、就寝中は予想以上に汗をかきます。

枕カバーを毎日取り替えているような清潔な環境で寝ている方はともかく、大半の方は2~3日に1度、週に1度、あるいは1シーズンに1度・・・などたまにしか肌に直接触れる寝具のお手入れをしません。

そんな環境で汗をかき、肌の汚れをしっかり落とさないまま基礎化粧品のお手入れに入ってしまっては、皮膚のかゆみが生じてしまうのも無理はありません。

美肌の基本は清潔です。不衛生な状態で美容成分たっぷりのローションを塗っても、かゆみの原因にしかなりません。